名古屋E&J法律事務所ブログ

2017.04.07 金曜日

交通事故 高齢死亡者の逸失利益(yahoo知恵袋回答)

死亡交通事故に関する損害賠償額について質問です。

父(80代後半)が横断歩道を横断中、軽自動車が前方不注意で右折してきてはねられ、死亡しました。
事故後保険の手続きが進行していく中で、保険会社が以下の金額を
提示してきました。

・逸失利益…0円(年金受給の事実がなく、無職であったため)
・慰謝料…21,000,000円

この金額で示談を進めていいものか判断しかねています。
こちらとしては突然の事故で父を失ったことや、加害者の態度から反省が感じられないことなどをふまえると安いのではないかとさえ感じます。

 
私たちがよく利用する本、日弁連交通事故センターの本(青い本)では死亡の慰謝料は2000万円から2400万円となっています。おおむね妥当かもしれません。しかし、事故が横断報道であること、加害者の反省がないことなどからすると増額できるかもしれません。
 
お父様は働いていなかったのですね。逸失利益0円というのはやむえないかもしれません。年金は無かったのでしょうか。国民年金、厚生年金などの老齢年金、障害年金など、生活保障的な意味で支給されている収入がある場合は逸失利益があり得ます。
この外、葬儀費用、治療費などが考えられます。
 
近親者にも固有の慰謝料が認められます。
民法711をご覧ください。
「他人の生命を侵害した者は、被害者の父母、配偶者及び子に対しては、その財産権が侵害されなかった場合においても、損害の賠償をしなければならない。」
 
いろいろあるので、一度弁護士に相談されてはいかがでしょうか。
場合によっては裁判した方が得であることもあります。