名古屋E&J法律事務所ブログ

2017.12.04 月曜日

交通事故 弁護士の選択

 一般の人にとって弁護士の選択は難しい。基準はなんといっても実績だろう。しかし、交通事故の場合、後遺症や過失相殺を争わなければそれほど難しいものではない。そのため、実績と言ってもそういう簡単な事例、別に弁護士に頼まなくても解決してしまうような事例を多数経験していると言っても余り意味はない。
 
 やはり、事前認定を裁判で争ったことがある。過失相殺を争ったことある。判決をいくつもとっているといった経験のある弁護士が実績のある弁護士であるように思う。
 
 もう一つは依頼者にとって、重要なのは説明義務だ。これはインフォームドコンセント(説明と承諾)と言って、医療の分野ではやかましく言われている。単に説明するだけでは足りず、依頼者が納得する、いっしょに戦ってくれているという実感を持つことが本当のインフォームドコンセントだ。
 
 この2つが満たされないな、あるいはあまりにもひどいと思うのであれば、別の弁護士を選択することをお勧めする。