名古屋E&J法律事務所ブログ

2018.02.26 月曜日

交通事故 非該当、14級、12級 神経症状

 神経症状で、非該当、14級、12級を争う事例が増えている。これは弁護士特約が徐々に一般化し始め、弁護士費用を気にせず、争うことができるようになったことや、当事務所のノウハウも徐々に積み重なっていき、あきらめる必要のない事件が徐々に鑑別できるようになってきていることもある。
 
 ともかく明確な画像所見がないが、ヘルニアや脊柱管狭窄はある。整形外科医に言わせると、必ずしも明確には判断できないというような事例については、果敢に上の級を狙おうという考えで進めていきたいと考えている。弁護士の労力は大変だが、依頼者にとっては裁判は利益になる。
 
 簡単に和解してしまうことは簡単だが、そのような弁護士の態度は依頼者にも伝わるだろう。この弁護士は適当なところで妥協してしまう弁護士というように思われたのでは信頼が続かないだろうし、この依頼者が次の依頼者を紹介もしてくれるという期待も薄くなる。