名古屋E&J法律事務所ブログ

2018.07.09 月曜日

交通事故 画像中心主義の誤謬

交通事故 画像中心主義の誤謬

 
 後遺障害の認定は損害保険料算出機構が認定していく。機構では大量処理していくので、調査員がマニュアルに従って認定していくことになる。そのため、どうして書面や画像だけで形式的に判断していくことになる。医師が判断しているわけではない。
 
 たとえば、MRIでは頚椎や頸髄に炎症などを示す画像上の変化が見られないと非該当や14級にしてしまう。もちろん、主治医の意見が付されるのであるが、この点の主治医の意見は煮え切らないことが多い。
 
 こうして、被害が重いはずなのに、後遺障害の認定は軽いと言うことが起こりうる。
 これに対しては、あらたな証拠を出すか、画像について医学的な所見を正確にもらうことで対抗することになる。