名古屋E&J法律事務所ブログ

2017.04.27 木曜日

ピグマリオン効果 自分もほめれば伸びる?

「ピグマリオン効果(ピグマリオンこうか、英: pygmalion effect)とは、教育心理学における心理的行動の1つで、教師の期待によって学習者の成績が向上することである。別名、教師期待効果(きょうしきたいこうか)、ローゼンタール効果(ローゼンタールこうか)などとも呼ばれている。」(ウィキより)
 
 このピグマリオン効果,ビジネス中国語会話に出てくる。
 
 「说?行,?就行,不行也行」
    ※?部分は「ni」「あなた」という漢字が入りますが,ヤフーではうまくでないようです。ニイハオのニイですね。
 
 「说?行」とは「私があなたにやれると言ったら」という意味だ。つまり,あなたはできると評価されているという意味だ。
 
 「?就行」とは「あなたはできる。」という意味だ。やれると言われればやれるようになる。
 
 「不行也行」の訳はちょっと難しい。「できないことでもまたできるようになる」という具合に訳せると思う。
 
 つまり,「やると評価されれば,あなたはやれる。やれないこともやれるようになる。」ということになる。
 
 中国後の用語解説サイトをのぞいてみるとこんなピグマリオン効果についてこんな説明もしていた。励ますことで力を発揮するといのがピグマリオン効果ということだから,自分で自分を励ますことは大切だ。成功者はいつもそうだ。というのである。このあたりは実に中国らしい。
 
「?期望什么,?就会得到什么,?得到的不是?想要的,而是?期待的。只要充满自信的期待,只要真的相信事情会顺利进行,事情一定会顺利进行」
 あなたが望み期したことは,あなたは実現することができる。あなたが実現したことはあなたが望んだことでは無いのか,あなたが期待したことでは無いのか。自信ある期待で満たしさえすれば,本当に信頼できる事情が順調に進行すれば,状況は必ずよい方向に行く。」
 
「成功的人都会培养出充满自信的态度,相信好的事情会一定会发生的。这种?为积極期望的态度是赢家的态度。」
 成功者はみな自信溢れる態度を涵養でき,信頼できる状況を必ず生み出すことができる。このようなあなたの積極的期待する態度は勝者の態度である。