名古屋E&J法律事務所ブログ

2016.02.01 月曜日

とても払えないけど貸してくれるか?

銀行とのおつきあいは一定の透明性が求められる。銀行は決算報告書や事業計画書を求めてくる。資産を多くしたい、黒字決算が必要だというのは分かるが、下手な小細工はしない方がましだ。
 リーマンショック以降、愛知の製造業は悲惨きわまりない。ある社長と話していると、銀行に追加の一億円の融資を申し込んだのだそうだ。これは払えないけれど貸してもらえないかと担当者には告げたそうだ。それでもOKが出た。誰も会社を潰すつもりで運営していない。この会社が融資を得ることができたのはそれまでの事業上の信用もあるが、銀行としっかりしたつきあいをしてきたことが大きいと思う。