名古屋E&J法律事務所ブログ

2016.02.03 水曜日

苦しいけどがんばって

返せないけど貸してくれと言って事業資金を借りた社長。こうした社長はたくさんいる。

 ある社長は20年前、根雪のように借金がたまった会社の社長を引き受けた。彼はじっとがまんし、会社を維持しつつづけた。会社は浮き沈みし、そして、3年前、ついに借金を完済した。景気は悪くもなり、良くもなる。今は絶望的でもじっと待っていることも大切だ。誰も会社をつぶす気では事業をしていない。じっと、借金の圧力に持ちこたえながら時期を待つっている。たとえ、今は返せないと思っても、必ずチャンスはある。チャンスを逃さない感性を磨く時期だ。