名古屋E&J法律事務所ブログ

2016.03.15 火曜日

「浮気の発覚」たまには、家族問題

当事務所は離婚、遺産相続も扱っている。中小企業のおやじはけっこう女性問題でも困っている。  離婚問題での最近の特徴は「携帯電話」が問題になることが多くなっている点だ。

 
 妻の直感は恐ろしい。ちょっとした夫の態度の変化、生活の変化から浮気を察知する。  浮気が察知されるのはこんな時だ。
 ① 帰りが遅い。宿泊が多くなっている。その理由が変だ。  ② 最近、奥さんについて文句をいろいろ言うようになった。  ③ いっしょにいても、時々メールが入ってくる。そんな時は必ずトイレに行ってしまう。  ④ 仕事の電話と称して、突然、場所を離れて廊下で携帯で話している。
 
 こういう時に奥さんが何をするかというと、ダンナが居ないとき、トイレに行っているとき、風呂に入っているとき、背広のポケット、財布の中、名刺入れ、手帳をのぞき込むのだ。手帳にはダンナが彼女と会った日などがメモされていることがある。財布の中には彼女のメモがあり、「ホテル予約しました。」とあって、ホテルで落ち合う時間、場所が記載されたメッセージが出てきたりする。
 
 そして、決定的なのは携帯電話だ。メールには恋人同士の会話、あられもないやりとりがある。メールをのぞき込んで、「ああ、やっぱり。」と奥さんはショックを受けるということになる。こんな時には、メールの文面が接写されている。パソコンに強い人なら、ログがコピーされる。
 
 携帯を利用した探索もある。GPSのついた携帯電話が自動車のトランクの中から出てくることがある。そして、どこのホテルにいつ行ったかが丸見えになるのだ。彼女と一夜を過ごし、朝方、ホテルを出てみると奥さんと親族が待ち構えているなんてことは実は珍しくない。