名古屋E&J法律事務所ブログ

2019.05.12 日曜日

交通事故,症状固定前の「なんだか不安」

 交通事故で骨折などすると治療が長引きます。治療してさらにリハビリなどがあって症状固定までに長時間を要することになります。

 交通事故の最初の段階では保険会社が対応して、しばらく治療費、休業損害が払われていきます。一旦,こうしたことが決まるとあとは自動的に処理されていくことになります。骨折では頻繁に病院に通うことも無く,病院には月に1回程度通うだけということになります。

 交通事故のショックもだんだん薄らいできて日常生活を徐々に取り戻してくるとなんとなく事故のことがぼんやりとしてしまうことがあります。こうした宙ぶらりんな状態になるとき少なくない被害者はなんとなく不安に感じます。

 しかし,そうは言っても、やはり、症状固定まで他はありません。交通事故によって生じる全損害は症状固定するまで確定しないので、症状固定となって初めて全額請求できるのです。

 こうした不安であれば、不安を感じたときに弁護士に相談していただければよいかと思います。弁護士と相談して,自分の事故がこの先どうなっていくのかよく確かめておくことでこうした不安は少しでも解消されることになります。