名古屋E&J法律事務所ブログ

2019.05.28 火曜日

交通事故 行政書士との連携

 弁護士と行政書士の違いは、資料の収集能力にあります。交通事故専門の行政書士の場合は資料を収集して整理する能力に長けています。

 弁護士の場合,法廷中心に活動をするので,病院に行ったり,必要な証拠を集めることについては時間的な制約があります。この点について,行政書士の先生に補っていただくことがあります。

 もっとも,行政書士の能力にはかなりの差があります。また,裁判などを扱わないことから,必要な資料の範囲や,理論構成につめの甘さが出ます。行政書士の先生と共同するにしても,連携に関する弁護士に明快なポリシーがないとかえって有害となります。