名古屋E&J法律事務所ブログ

2019.05.28 火曜日

交通事故 あて逃げ事件と慰謝料

  あて逃げ事件の相談を受けました。強引なUターンで事故を起こし、そのまま逃げて3日後に捕まったという事件です。依頼者は軽症ですんだが、当て逃げは許せません。慰謝料を増額できないか、という相談です。

 確かに加害者側の態度が加算されることはあります。しかし、依頼者の気持ちを考えると何とかしたいですが、この程度の当て逃げでは加算は難しいでしょう。 実際,加算される事例は被害が重大な事件で,かつ,被害者の対応があまりにひどく誰が見ても被害者の精神的苦痛をもたらしたというような事例ではないでしょうか。