名古屋E&J法律事務所ブログ

2019.06.17 月曜日

交通事故 交通事故被害者像

 私たちの依頼者はどのようなものでしょうか。私たち弁護士は依頼者に何をしてあげられるのでしょうか。和宅立ちはこうした被害者の悩みによりそい事件を解決していきます。

① 被害が人に理解されにくいために孤立感があり悩んでいる。

② 加害者に代わって損保が矢面に立つため、逃げている加害者に対し強い憤り、いらだちを覚える。

③ 交通事故被害者にとっては事故対応の知識が十分でない上に、業務として事故を扱う損保との交渉を進めなければならず不安である。

④ 市販の本やウェブサイトを通じて、自分の事件について一般的な知識をもって臨んでいる被害者が少なくない。

⑤ 交通事故を予想して特別な蓄えをしている訳ではない上、事故により資力が低下してるため、弁護士への依頼には費用がかかると躊躇している。