名古屋E&J法律事務所ブログ

2019.11.05 火曜日

法律相談できくこと

交通事故に遭われて、法律相談に来ていただいたとき、弁護士は様々なことを聞き、確認していきます。そして、それにはすべて意味があります。

 まず、事故の時間、場所、事故態様を確認します。これは、時効や裁判の管轄、過失相殺などに関わる基本的情報です。  また、入通院経過や医者の診断内容を確認します。これは、事故による損害の内容に関わる情報です。
なかには、「なんでこんなことをきくんだろう」と思われるような質問もあるかもしれません。  たとえば、私などは「事故に遭ったとき、どこに向かおうとしていたのですか。通勤中、か仕事帰りですか。」といったことを質問します。これは、労災が利用できる可能性を確認するためです。  また、入通院経過についても、どれくらいの期間入通院されたのか質問します。これは、傷害慰謝料の基準が入通院の期間によって定められているからです。 症状固定日を確認するのは、後遺障害について損害賠償請求する場合はその症状固定日が時効の起算日だからです。
 このように、弁護士は法律相談で様々なことを質問・確認しますが、それにはすべて意味があります。 もちろん、雑談として無意味な話もすることがあります