名古屋E&J法律事務所ブログ

2019.11.26 火曜日

交通事故 高次脳機能障害

高次脳機能障害は通常それを示す何らかの症状、外傷を疑われる脳の所見、事故直後の意識障害などを基準に判断されていきました。しかし、実際の事故では典型的にそろうことは必ずしもありません。そんな場合は保険会社も疑ってかかり被害者は非常に苦労します。

 特に脳機能障害で知覚や言語、判断力の障害はちょっと見た目には分からないことが多いです。家族は事故前と全然違うと理解していますが、第三者からは普通に生活できるんじゃないかと思われてしまうこともあります。
 私が事件を引き受ける場合は、事故前の生活を把握し、その違いを具体的に示すことから始まります。そして、主治医に相談して高次脳機能障害の根拠を明示して裁判を進めていくことになります。