名古屋E&J法律事務所ブログ

2019.12.03 火曜日

交通事故 加害者に対する処罰要求

交通事故に当たっては警察に届けることはもちろん、処罰を求めておくことも必要です。事故が起こると保険会社は直接交渉を避けるため、加害者になるべく連絡とらないよう指示します。交渉もないので事故時の資料がなかなか得られない状態となります。警察が動き、刑事裁判、判決となれば刑事資料を謄写できます。この刑事記録は交通事故裁判にあたっては信用性の高い資料として扱われます。ですから、処罰を求め、刑事裁判になることは被害者にとっては有利なことになります。