名古屋E&J法律事務所ブログ

2019.12.11 水曜日

交通事故 医師とのコンタクト

後遺障害の認定を争う場合には主治医から聞き取りをする必要がある場合が多い。保険会社は顧問医を持っていていつでも意見書を得ることができるが私たちはそうはいかない。そこで、主治医からの意見を聞いて、私たちの知識を正確にする必要がある。私たちは文献的に後遺障害の内容を調べて、文献で調べた内容が医療実務に通用するかを確認することになる。