名古屋E&J法律事務所ブログ

2019.12.18 水曜日

弁護士から内容証明郵便

事故後,任意保険の担当者と話し合っていると突然,弁護士から内容証明郵便が送られてくることがある。被害者としては保険会社と交渉しているつもりでも,担当者としては手に負えないと考えたり,すでに症状固定しているのに治療が続いていると判断すると弁護士案件にしてしまう。

 保険会社の弁護士は要するに困難な事件の「断り屋」みたいなところがあって,もう治療費は出せませんとか,裁判して下さいとか最終的な通告をする役目となる。被害者はにわかに孤立感を持ち,精神的にも窮地に立ってしまう。「裁判なんて」と考え,迷うのだ。しかし,そこは交渉の正念場だと思ってほしい。酷な話だが自分で解決しなければならない。よく弁護士と相談して自分がこの事件をどう処理したいかを決めていく必要がある。