名古屋E&J法律事務所ブログ

2017.01.12 木曜日

交通事故 判決

私の場合、後遺障害の認定を争う事件が多いため、和解ができない事例が多いです。損保側は、自賠責認定に従う場合にはすんなり和解をしますが、それより重い障害を主張した場合には和解しません。当事者にとっては判決はドキドキで、どうなるか心配になります。

 
 私の場合、勝つならばこの点が評価される、負ける場合にはこの点で負ける可能性があると説明します。しかし、後遺障害を最後まで争うことは必要なことで、仮に負けたとしても、自賠責認定より下がることはないですし、低い認定でも有利な算定がされることがあります。それに、とことんやることで、当事者としてはやりきったという満足は得ることができます。交通事故の被害の場合、こうした満足もとても重要なことなのです。