名古屋E&J法律事務所ブログ

2017.02.01 水曜日

交通事故 過失 運転者の責任

50ccバイクを同級生と二人乗りしていて、交差点で自動車と衝突した事故を担当したことがある。被害者の女の子は17才で高次脳機能障害となった。性格は一変しておとなしくなり、一人でなにもできなくなった。事故は飛び出しなので、自動車には責任はない。

 
 むしろ、2人乗りでむちゃくちゃな運転をしていた子供たちに責任がある。被害者はおばあさんといっしょに2人だけで住んでいた。父親東京に出て家族の為に稼いでいた。この事件は、運転者及びそんの親の責任を追及することになった。もちろん運転者には安全に運転する義務があるし、同乗者には好意同乗者の問題がある。親には保護監督者としての責任が問題となった。