名古屋E&J法律事務所ブログ

2017.02.02 木曜日

交通事故 役立つかも知れない医療過誤訴訟との抱き合わせ

交通事故と医療過誤が重なることはめずらしくない。普通は交通事故で済ませてしまうのであえてめんどうな医療過誤に踏み込まない。しかし、今回は別だ。医療過誤訴訟に踏み切る事になるだろう。

 
転医先に医療過誤があれば医療機関が責任を負う。医療過誤がなければ正当な治療行為に伴う「副作用」なのだから交通事故と因果関係ある被害と言うことになる。
 
訴訟戦術としてこのような争点のとらえ方をすれば、病院が正当性を主張すればするほど、交通事故には有利になると言う関係になる。
 
弁護士は時々このような訴訟戦術をとり、そのように訴訟を運営していこうと努力する。