名古屋E&J法律事務所ブログ

2017.02.15 水曜日

交通事故 被害者請求

 交通事故の損害を賠償する保険には任意保険と自賠責保険がある。自賠責保険は法律で共生されているから強制保険とも呼ばれている。
 
 事故にあった場合、通常は加害者の任意保険の担当者が交渉する。任意保険が賠償すると、後から自賠責保険の保険会社に請求できる為、自賠責が保証する範囲は簡単に支払う。
 
 任意保険の担当者が理不尽で、交渉したくないという時には、とりあえぶ被害者が直接自賠責に請求する手もある。めんどくさいが、自賠責の保険会社は丁寧に書き方を教えてくれる。自賠責は警察が発行する事故証明に記載してある。その保険会社のどこでもいいから適当に電話すると窓口を教えてくれる。そこにまた連絡すると請求に必要な書類を送ってくれる。