名古屋E&J法律事務所ブログ

2017.02.23 木曜日

本日の相談

今日は後遺障害が問題となる事例の相談を受けた。14級の認定を受けているのだが、保険会社の示談案は例の通り、低いものだった。

 ① 逸失利益については、2年のライプニッツ係数だった。
 ② 後遺障害の慰謝料を考慮していなかった。
 ③ 1年通院していたのだが、傷害慰謝料は26万円程度だった。
 
 いくら何でもこれでは低い。①は普通は3年から5年、7年ぐらいの判決例もある。②は当然あるべきで、何で慰謝料がカウントされていないかわからない。③は90万円ぐらいはいくと思われる。本件は保険会社が非常に攻撃的で、依頼者はすっかりいやけがさして、弁護士に依頼を求めてきた。後遺障害は14級の認定だったが、画像所見が一応あるところから訴訟では12級がとれるかもしれない。