名古屋E&J法律事務所ブログ

2017.03.09 木曜日

交通事故 損益相殺

 交通事故によって利益を得た場合には利益の分だけ賠償金は減ることになる。私たちはこれを「損益相殺」と呼んでいる。普通は損益相殺で迷うことはない。弁護士でも時々分からなくなるのは公的な制度で補償されるような場合だ。
 
 例えば,国民年金法に基づく障害基礎年や労災保険法に基づく労災年金などは、口頭弁論終結時までに支払われた分は全て元金に当てられる。これらは同性質の補償とされるため損益相殺の対象となる。しかし,条例に基づいて障害に対して補償される場合には通常損益相殺の対象とはならない。
 
 生命保険は保険契約に基づいて支払われる金銭なので事故とは別に支払われる金銭とされるため損失補償の対象とはならない。ほかにもいろいろあるが,あまり考えるとかえって分からない。いろいろあるから,弁護士に相談してみた方がよい程度に覚えておくのがよい。