2017.04.12 水曜日

豊橋発:交通事故 自動車カメラ

交通事故 自動車カメラ

 事故そのものが目撃されていることはあまり多くありません。あっても目撃者が裁判に協力してくれるとは限りません。多くは警察が作成する実況見分調書や当事者の尋問が大きな証拠となります。
 
 しかし,目撃されているとしても正確に覚えているとは限りません。一瞬のできごとに思い込みで記憶を再構成することは珍しくありません。現に私が担当している事件の加害者は最初は事故を認めていたのに,日を追うごとにこれを否認し,いまでは被害者を当たり屋呼ばわりしています。
 
 しかし、最近は自動車にカメラが取り付けられている例が増えています。特にタクシーやトラックなどの業務上の自動車にはけっこう取り付けられているようです。このカメラのために無用な紛争も減っているとは思われます。
 
 もちろん,こうした情報は加害者側の情報なので注意を要します。最近の依頼事例で、運転中に意識を失った事件がありました。当初,意識を失うというのはおかしいということでしたが,事故トラックのカメラに亡くなった方の運転の様子が撮影されており,残念ながら意識を失った様子が移されていました。
 
 しかし,問題は死亡時期です。事故で死亡したのか,その前から死亡していたのかについてはまだ問題が残ります。死亡の原因によっては自賠責保険ならば賠償金が出る可能性がありますし,被害者の人身傷害なども保険金が出る可能性があります。
 
 こうしたことにあきらめず,追及していくところが重要になります。
 
 
 
ウェブサイトはこちら  → http://www.green-justice.com/jiko/jiko3.html
お問い合わせはこちら → http://nagoya-jiko.net/contact.html

古屋駅徒歩1分名古屋E&J法律事務所、弁護士、籠橋のブログです。
豊橋駅徒歩5分、豊橋法律事務所もあります。
■交通事故を専門に、日常事件を取り上げます。交通事故は専門領域になります。
■当事務所は、4人の弁護士が、みなさまの立場に立った、親切、ていねいな法律相談をいたします。
■初回の相談料は無料。お気軽に事件の見通し、事件処理にかかる費用などお尋ねください。
■愛知、三重、岐阜、静岡のみなさまもお気軽に御相談下さい。