2017.09.04 月曜日

豊橋発:交通事故 刑事裁判記録

 

 交通事故が起こると、大きな事故の場合警察は実況見分調書を作成します。これは、初めて被害者を発見した位置、ブレーキを踏んだ位置、衝突した位置、などかなり細かく位置を特定して作成されます。

 さらに、警察は立件するべく加害者、被害者、目撃者の供述調書を作成します。これらの資料は民事裁判にとっては非常に魅力的な資料です。実況見分調書は、刑事事件が起訴されるかどうかにかかわらず被害者に開示されます。しかし,目撃情報などが記載された供述調書などは刑事裁判として起訴されないと明らかにされません。

 もし,あなたが被害者で加害者がうそばかり言うということであれば,できるだけ刑事裁判にしてもらうことを検察に働きかけていくことをお勧めします。刑事裁判として立件されるかどうかは被害者にとってかなり重要な意味を持ちます。この場合,可能な限り刑事処分されるよう、警察、検察庁に処罰要求をすることになります。

 
 ウェブサイトはこちら  → http://www.green-justice.com/jiko/jiko3.html
 お問い合わせはこちら → http://nagoya-jiko.net/contact.html

■名古屋駅徒歩1分、名古屋E&J法律事務所、弁護士、籠橋のブログです。

豊橋駅徒歩5分、豊橋法律事務所もあります。

■交通事故を専門に、日常事件を取り上げます。交通事故は専門領域になります。

■当事務所は、みなさまの立場に立った、親切、ていねいな法律相談をいたします。

■初回の相談料は無料。お気軽に事件の見通し、事件処理にかかる費用などお尋ねください。

■愛知、三重、岐阜、静岡のみなさまもお気軽に御相談下さい。