名古屋E&J法律事務所ブログ

2017.03.31 金曜日

訴訟が有利な場合って?

 交通事故事件では経済的価値だけからすれば訴訟が有利だ。それは次の理由による。
 ① 事故の日から年5%の割合の遅延損害金が加算される。
 ② 弁護士費用の一部が支払われる。
 ③ 過失相殺や、後遺障害の程度など思い切った主張ができる。
 
 これは後遺症が認定される場合、認定を勝ち取る場合だ。
 非該当となると金額が小さいため、費用が訴訟のメリットよりも上回ってしまう。もちろん、これにも例外はある。