名古屋E&J法律事務所ブログ

2017.04.12 水曜日

交通事故 言ってることが違う(yahoo知恵袋回答)

交通事故で、相手側保険会社が過失を100%認めた後、後になってやはり過失はありませんと言う事はありえますか?
そんな事を言ってきました。
昨日、車対車の衝突事故を起こしました。(起こされました)T字路から片側1車線の道路へ右折をしようと、停止線で一時停止をし、歩道の付近まで車を移動しました。車道に出ていない状況で車が通行するのを待っていると、雪でスリップした車がこちらに追突して来ました。警察立会のもと相手は過失を100%認め、相手側保険会社も「こちらに全て過失はあります」と言って電話を切ったのに、後になってやはり過失はありません、そちらに過失がありますと、突然言って来ました。しかも、電話の際の会話は勝手に録音もされて、嫌な気分になり、一方的にこちらが悪いと言っています。認めた過失を急に覆すなんてありえるんでしょうか?
また、それは認められるんでしょうか。 長文ですみませんが、ご教示いただきたくお願いします。
コインがあまりなくて申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

 
こういうことはめずらしくありません。警察立ち会いで認めたと言って、それは交渉の過程で発言しただけで、契約として成立したわけではありません。こうしたことは示談成立まで分からないものです。

例えば、物損で過失割合を合意したとしても、人損では全く異なった主張をすることは普通にあります。