名古屋E&J法律事務所ブログ

2017.08.04 金曜日

交通事故 現場の重要性

 過失相殺を争うような事件は現場はかなり重要だ。今日は信号機のない交差点での事故の調査だった。加害者は止まれの標識を無視して突っ込んできた。現場を見ると、ミラーが取り付けてあり、交差点の左右の状況が分かるようになっていた。ちょっと危ない構造になっていて、加害者からみると停止しないととても危ない状況だった。私たちは、事故現場にとどまり、一般の自動車がだいたいどんな動きをしているかも検討した。
 
 現場調査はすぐに役立つわけではない。しかしいろいろな記録を検討する上で、現場と結び付けて考えることができるため非常に役立つ。