名古屋E&J法律事務所ブログ

2017.10.16 月曜日

ある新聞記事

 交通事故を専門にしているある行政書士の記事が新聞に出ていた。この行政書士さんは私もよく知っている。被害者は長年、高次脳機能障害に苦しんでいたが後遺症認定されなかった。行政書士さんが相談を受けてこの被害者宅訪問し、必要な書類をまとめて異議申立をしたところ、後遺症認定されたというのだ。高次脳機能障害はわかりにくいところもあり、あきらめている人もいるのではないかと思う。
 
 もしかして、と感じたら、高次脳機能障害の事例の経験のある弁護士、行政書士に相談してみることが大切だ。