名古屋E&J法律事務所ブログ

2018.05.28 月曜日

死亡事件の難しいところ

 死亡事件の難しいところは被害者が亡くなって事故の事情が分からないところにある。
 多くの場合、遺族の努力がものをいう。現場を検討するのだが、遺族の潔白を晴らそうと大きなエネルギーが注がれる。私の経験ではこうした遺族の努力から多くの突破口が生まれてくる。遺族の何としても勝ちたいという気持ちと弁護士の気持ちが同期する事件は難しくてもたいてい勝訴する。