名古屋E&J法律事務所ブログ

2018.07.25 水曜日

交通事故 弁護士と依頼者との関係

交通事故 弁護士と依頼者との関係

 このテーマでは実は当事務所では確立したものがない。依頼者も多様だし,弁護士もそれぞれの個性を発揮しつつ事件処理するため,何が一番よい関係かわからないところがある。
 
 よい例としてこんなのがあるかもしれない。
 ① 依頼者に常に問題点を示していっしょに考えて,いっしょに事件を解決するという姿勢。
 ② 依頼者から学び取ろうという姿勢
 ③ 依頼者が難しい要求をしてきても,実現できないかきちんと検討する姿勢
 ④ 依頼者に対して,勝訴の基準はこれという具合に,事件処理の目標を示す姿勢。
 ⑤ 依頼者が傍聴したいという時に歓迎する姿勢