名古屋E&J法律事務所ブログ

2018.07.30 月曜日

交通事故 二つの事故が重なった場合(メール相談)

【相談】
 2つの事故にあいました。最初の事故の怪我が2度目の事故後の検査から分かりました。また、それぞれの事故で過失相殺が問題になっています。2度目の事故後、後遺症の等級も労災と自賠責と異なった判断をしています。どうしたらいいでしょうか。
 
【回答】
1. まず被害の整理をしますがこれでよいのでしょうか。
 ① 自賠責
  ○ ●●等級。
    × ●●は後遺障害として認められない。
 ② 労災
  ○ ●●等級
  × ●●は後遺障害として認められない。
   
2. この事件は2つの事故が重なっていること、過失相殺が問題になっていることから訴訟による解決を行う他はないと思われます。特に弁護士特約があるということですから訴訟の選択がよいかと思います。
  裁判は被害者にとって必ずしも不利なものではありません。事故時からの年5%の遅延損害金がつきますし、弁護士費用の一部も相手方からとることができるので経済的には有利に作用します。
  裁判では自賠責で認定された後遺症、労災で認定された後遺症いずれも被害であるとして訴えを提起することになります。