名古屋E&J法律事務所ブログ

2018.08.14 火曜日

交通事故 3重の事故

 3ヶ月間に3回の追突事故があった相談を受けた。いずれも信号に従って停止していた際の事故だから、被害者側にはなんの落ち度もない。こんな不幸なことが重なるとは、何か取り憑かれてるんじゃないかと心配するのは無理はない。
 
 この場合、いずれも治療期間中でかつ同類型の事故なので、被害は1つと考えられる。つまり、3つの事故によって1つの被害が発生したと考える。症状固定は原則として1つということになるだろう。
 
 3つの事故が重なることは複雑だが、誰かが賠償すればよい。むしろ、症状固定時の後遺障害の程度の方が被害者にとっては重要な課題となる。