名古屋E&J法律事務所ブログ

2018.05.07 月曜日

交通事故 調査費用と賠償

事故によっては自らの被害を立証するために大変な労力をかけることがある。

 それにともなう費用は原則として賠償されない。
 
 しかし、交通事故の場合、例えば高次脳機能障害の検査を受けたとか、あらためてレントゲン写真を見てもらったとか、一口に調査と言っても治療と区別がつかないものがある。こうしたものはみとめられることがほとんどだと思う。
 
 もっとも損保が全く関係ないとした傷病については賠償を払ってこない。
 低髄液圧症候群はその典型で裁判で命ぜられない限り払わない。