名古屋E&J法律事務所ブログ

2018.05.23 水曜日

交通事故 女子パート労働者の年収

逸失利益を考えるときに、年収を基礎とする。

 
 年収×ライプニッツ係数×労働能力喪失率=逸失利益
 
 女子パート労働者の場合、賃金が低い。しかし、よく尋ねてみると主婦業をやっていたりする。専業主婦の場合には女子平均賃金を基礎に年収を算出する。そこで、こうした女子パート労働者の場合には女子平均賃金の方が高額なので、これを利用して請求することになる。
 
 問題は主婦業+パート年収という考え方があるかも知れないということだが、実務的には見かけたことはない。