名古屋E&J法律事務所ブログ

2018.09.14 金曜日

交通事故 事故から半年、そろそろ症状固定?

むち打ち症などで通院していると、「事故から半年過ぎたのでそろそろ症状固定してはどうでしょうか。」という問いが、損保から投げかけられる。医師によっては損保との交渉がめんどうになり「損保から症状固定と言ってきている。」などと言ってくることがある。ひどい医師になると「うちでは交通事故は半年か診ない」などと言う場合がある。

 
 こういうのは負けずに、治療を続行する。長期化して損保が本当に治療費の支払いを打ち切ってきたときには、その時考えたらよい。別に健康保険を利用して治療を継続する方法もある。大切なのは、被害者として治療を続けたいかどうか、治療の効果があるかどうかといった点だ。普通の医師であればきちんと話せば、誠実に相談に乗ってくれる。