名古屋E&J法律事務所ブログ

2017.04.06 木曜日

交通事故 長期化する治療と症状固定

 頭が痛い、肩や手先にしびれが残るといった神経症状では治療が長期化することがある。痛みやしびれがあるので病院に行くと少しやわらぐ。自分としては必ず直したいので様子を見たい。こういうことはよくある。
 
 保険会社は特別な事情がなければ、こういう場合、事故後半年ぐらいするとそろそろ治療を打ち切りたいと言ってくる。何も知らないと、そういうものかと思って無理してでも症状固定に持って行ってしまって、後悔することがある。
 
 症状固定は患者と相談して医師が決めるものだ。保険会社が決める訳ではない。ちゃんと直すというのを原則、保険会社に負けない姿勢が大切だ。また、経験ある弁護士などと相談しながら治療を続けてもよい。