名古屋E&J法律事務所ブログ

2018.10.12 金曜日

交通事故 負けてたまるか

 軽微な追突事故でも、ひどい被害を負うことがある。
 昨日の事例はそんな事例だ。強い腰部痛、足のしびれ、麻痺、起立性のめまい、日常的な頭痛、しかし、画像所見はとれず原因が分からない。
 
 被害者は足のしびれがひどいため、なんとか回復するために懸命だ。なのに、医師は心理的な問題として片付けている。
 
 彼には生まれたばかりの息子がいる。彼は言う、「何とか少しでもよくなって、息子の運動会で何か競技に出られたらいいと思うんですよ。」
 
 裁判は被害を回復しないが、負けてたまるかという思う被害者を多少は支えることができるかもしれない。