名古屋E&J法律事務所ブログ

2018.10.16 火曜日

交通事故 現場の重要性

過失相殺などが重要な争点になっている場合には現場に行くことが大切だ。

 現場の構造が普通とは違うような場合には行ってみることで、被害者側の主張が作れることが多い。
 
 その場合、加害者の視点、被害者の視点を見るわけだが、時間的、場所的変化によって視点も変わってくる。一旦停止標識の位置や信号の具合など、現場に行ってみるとイメージが具体化する。多くの場合どうしてここで事故が発生したのだろうと、驚かされることが多い。