名古屋E&J法律事務所ブログ

2018.11.08 木曜日

交通事故 Yahoo知恵袋より

交通事故での保険会社からの賠償金についての質問です。

今年三月に交通事故にあってしまいました。
今回は休業補償についての質問なのですが、事故に巻き込まれるまで私は個人的にイラストレーターとしてホームページの作成や書類の作成をしてました。
しかし、知人を通してのお仕事で簡単なお小遣い稼ぎみたいなものだったので、税金や確定申告はしてませんでした。

もちろんこの仕事に対する賠償は無い事はわかっていますし保険会社からも言われました。

ただこのままでは生活が出来なくなってしまうので今月から仕事をはじめました。
ここで気になるのですが、今後この仕事をしていて事故の怪我が原因で仕事に出る事が困難になった場合、その新しい仕事に対する休業補償はされるのでしょうか?

保険に詳しい方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

事故前の収入については、申告の有無にかかわらず賠償の対象となります。要は立証の問題だけです。収入の事実を示す証明が必要となります。事故後ついた職ですが、症状固定前のことで、事故による傷害が原因で結局できなくなった場合には賠償される可能性あるように思います。

このような事例については裁判例を調べてみないと分かりませんが、一旦職についた以上、現実に収入得た可能性があったわけですから、それが妨げられたということであればやはり事故による損害として評価してよいのではないでしょうか。

たとえば、骨折治療のためにピンを入れ、そんお後就職し、ピンなど抜くために入院し、求職した場合には事故後の就職を基準に休業損害が支払われるだろうと思います。同じ様なことはいろいろな場面であるように思います。むちうち症によりしびれがあったが、事故後就職した場合、就職先の仕事内容が過酷になって休まざる得なくなる場合もあるように思います。
 
事故後の就職というだけでは単純に否定できないように思います。