名古屋E&J法律事務所ブログ

2018.12.13 木曜日

今日は証人尋問

 あえて自賠責の認定をとらないで、直接訴訟に踏み切った事件の証人尋問が今日あった。
 
 被告側は自賠責を通さなかったことにかなりの不満があるらしく、原告(加害者)になぜ、自賠責の請求をしなかったか、弁護士とはどんなうちあわせをしたか、などと質問をした。
 
 こういう質問をちょっと想定していなかったが、原告は「私の声を直接裁判官に聞いてもらいたかったので裁判しました。」と答えた。
 
 自賠責は被害者の声を直接聞くことはない。そのような自賠責に期待できない場合にはいきなり裁判という選択肢はある。こんなことをわざわざ聞くかね。