名古屋E&J法律事務所ブログ

2018.12.20 木曜日

交通事故 保険会社を利用する。

私たちが依頼を受けて,交通事故と取り扱う場合,交渉相手の保険会社を利用することがあります。彼らは事前に情報をすでに収集しているので彼らが持っている情報をもらうことがあります。

 
 たとえば,事故証明があります。また,入通院の履歴を整理しているのでそうした情報ももらいます。すでに実況見分調書を取り寄せていれば欲しいと言ってもらいます。アジャスターなどが被害自動車の写真などをとっている例もありそれも欲しいと言います。
 
 実は損保の持っている情報は個人情報なので,被害者は被害に関する情報を入手することができ,できるだけ多くの資料を手に入れるという意味から,損保の資料を全部ほしいというのがよいかと思います。