名古屋E&J法律事務所ブログ

2018.12.23 日曜日

交通事故 死亡事故と弁護士の役割

死亡事故の場合請求が高額になるため,弁護士に頼む価値がある。

 
 一般論から言って保険会社は少額に交渉してくる傾向にある。弁護士に依頼した場合には一般的な判例や実務的な水準でまとまるためほとんどの例が提示金額以上の金額で交渉がまとまっていく。
 
 死亡事故の場合,全体の金額が高額であるため,増加した賠償額も相対的に大きくなる。つまり,1割増加と言っても,100万円の場合は10万円,1000万円の場合は100万円,5000万円ぐらいだと500万円となる。この増加額は弁護士費用を費やしても十分もとがとれる。
 
 特に過失相殺が問題になる場合,1割の過失相殺の変化は数百万円単位で賠償額を変化させる。当然,弁護士を頼むだけの価値が出てくることになる。