名古屋E&J法律事務所ブログ

2019.01.18 金曜日

交通事故 車両の評価損

事故があった車両の流通価格は落ちるのが普通だ。しかし、物損の交渉では、保険会社は事故車の評価損を認めない。ひどい担当者になると、事故の評価損は判例でも認められていないと言う場合がある。これはうそだ。ケースにもよるが判例は評価損という損害を認めている。

 
 もちろん、ちょっとした接触で評価損ということはないが、車軸に影響があった場合など重大な修理があった場合は認める。実務的な感覚では修理費用の1割から2割程度というところだろうか。
 
 
ウェブサイトはこちら  → http://www.green-justice.com/jiko/jiko3.html
お問い合わせはこちら → http://nagoya-jiko.net/contact.html

古屋駅徒歩1分名古屋E&J法律事務所、弁護士、籠橋のブログです。
豊橋駅徒歩5分、豊橋法律事務所もあります。
■交通事故を専門に、日常事件を取り上げます。交通事故は専門領域になります。
■当事務所は、4人の弁護士が、みなさまの立場に立った、親切、ていねいな法律相談をいたします。
■初回の相談料は無料。お気軽に事件の見通し、事件処理にかかる費用などお尋ねください。
■愛知、三重、岐阜、静岡のみなさまもお気軽に御相談下さい。