名古屋E&J法律事務所ブログ

2019.01.25 金曜日

交通事故 鎮痛剤

 交通事故では痛みが被害の一つです。しかし,痛みというのは対外的には立証が難しい部分があります。つまり本人が痛いと言っていれば痛いということになりかねないからです。
 
 こうした場合,実際に痛くないのであればとらないであろうというような行動を整理することになります。通院が繰り返されている,そのつど治療されているということなども痛みを立証することになります。
 
 痛みが一貫して同じ場所であることも重要な材料です。
 投与される鎮痛剤の種類,量なども重要な証拠となります。そのため,私たちはカルテから鎮痛剤の投与回数,その種類など裁判で主張することもあります。
 
 
 
ウェブサイトはこちら  → http://www.green-justice.com/jiko/jiko3.html
お問い合わせはこちら → http://nagoya-jiko.net/contact.html

古屋駅徒歩1分名古屋E&J法律事務所、弁護士、籠橋のブログです。
豊橋駅徒歩5分、豊橋法律事務所もあります。
■交通事故を専門に、日常事件を取り上げます。交通事故は専門領域になります。
■当事務所は、4人の弁護士が、みなさまの立場に立った、親切、ていねいな法律相談をいたします。
■初回の相談料は無料。お気軽に事件の見通し、事件処理にかかる費用などお尋ねください。
■愛知、三重、岐阜、静岡のみなさまもお気軽に御相談下さい。