名古屋E&J法律事務所ブログ

2019.02.03 日曜日

交通事故 親,肉親の被害

 事故によって子どもが被害にあったとき,両親の精神的被害は大きいです。

 
 事故によって直接の被害者である子どもはもちろん賠償請求できます。それとは別に,両親や同居の家族が被った精神的苦痛に対して損害賠償請求が認められます。もっとも,これは死亡や重篤な被害がある場合には請求できますがが、軽いについてはできません。
 
 どこまでが重篤かというと線引きは簡単ではありません。しかし、死亡事件といった重大事故でも親の固有の損害として慰謝料はけっして大きくありません。認められたとしても500万円程度認められれば大きい方ではないかと思います。
 
 
 
■交通事故を専門に、日常事件を取り上げます。交通事故は専門領域になります。
■当事務所は、5人の弁護士が、みなさまの立場に立った、親切、ていねいな法律相談をいたします。
■初回の相談料は無料。お気軽に事件の見通し、事件処理にかかる費用などお尋ねください。
■愛知、三重、岐阜、静岡のみなさまもお気軽に御相談下さい。