名古屋E&J法律事務所ブログ

2019.02.23 土曜日

交通事故 PET,SPECTと高次脳機能障害の判断

 PET,SPECTによって脳内の血流の状況を見ることができます。

 「PET」とは「陽電子放射断層撮影」という意味で、ポジトロン・エミッション・トモグラフィー(Positron Emission Tomography)の略です。SPECTとは、シングル・フォト・エミッションCTの略語で、体内に注入したRI(放射性同位元素)の分布状況を断層画面で見る検査のことです。 

 高次脳機能障害については,びまん性軸索損傷という場合があります。これはCTやMRIなどではなかなか分からないのですが,神経心理テストやPET,SPECTなどの判断と合わせて高次脳機能障害と判断されることがあります。ところが,裁判の場になるとこれが中々通用しません。

 高次脳機能障害がある場合,損傷部分は働かないわけですから,その部分の血流は低下するはずです。これが診断根拠となるわけですが,血流の局所的な低下はうつ病などでも生じるという医学的な見解も有ります。つまり,医学的に確立されていないとされてしまうため,PET,SPECTの証拠価値が低くなってしまうのです。

 しかし,PET,SPECTの有用性が全面的に否定されたわけではありません。高次脳機能障害においても血流が局所的に低下する場合があるのですから判断材料とはなります。実際,高次脳機能障害の認定に際して,PETの結果を根拠の一つとして取り上げた裁判例もあります(札幌高裁H18.5.26) 。
 
 
 
 
■交通事故を専門に、日常事件を取り上げます。交通事故は専門領域になります。
■当事務所は、5人の弁護士が、みなさまの立場に立った、親切、ていねいな法律相談をいたします。
■初回の相談料は無料。お気軽に事件の見通し、事件処理にかかる費用などお尋ねください。
■愛知、三重、岐阜、静岡のみなさまもお気軽に御相談下さい。