名古屋E&J法律事務所ブログ

2019.03.24 日曜日

交通事故 裁判、自分でやってみよう

 少額事件など弁護士を頼むほどでもない事件では被害者としては取扱に困ることがあります。弁護士特約付きの保険に入っていれば問題はないのですが,そうでないと引き受けてくれる弁護士を見つけることは難しいです。

 たとえば,物損であなたが全面的に悪いということで保険会社が支払わないというような場合が草です。あるいは、少額の人身被害だけど保険会社が許せないという場合もあります。

 そんな時は私は自分で裁判をやってみることを勧めています。裁判は意外と簡単です。弁護しなくてもできる場合があります。相談に来られた依頼者にその場で簡単に訴状を作成して、困ったらまた来てもらうことにしています。

 もし,裁判してみて、法廷で困っても手続きのやりかたや次何をしたらいいかについては裁判官が助けてくれます。もちろん,どんな内容を主張したら良いのかといった法律相談までは裁判官はしません。しかし,やってみればだいたい分かってきます。

 そして、多くの裁判では裁判官がうまく和解に持って行ってくます。費用も安く済むのでチャレンジしてはどうでしょうか。


 
■交通事故を専門に、日常事件を取り上げます。交通事故は専門領域になります。
■当事務所は、5人の弁護士が、みなさまの立場に立った、親切、ていねいな法律相談をいたします。
■初回の相談料は無料。お気軽に事件の見通し、事件処理にかかる費用などお尋ねください。
■愛知、三重、岐阜、静岡のみなさまもお気軽に御相談下さい。