名古屋E&J法律事務所ブログ

2019.03.31 日曜日

交通事故 事業者の損害金

 事業者の常として過少申告することすくなくありません。逸失利益は年間収入を基礎に計算するのですが,極端に少ない例もあります。例えば,一家四人で生活していても申告では150万円の収入ということもあったりします。実際にはそんな数字で生活することはできません。

 確かに申告をごまかしておきながら、賠償の時は実額でというのは虫がよすぎるかもしれません。また、こういう事例に限ってきちんとした資料は存在しないことが多いのです。しかし、実際にそのような低い所得で生活することはありえないので、相応の立証がひつようになります。

 わたくしたちはこういう場合には,日常生活で必ず支出するものを積み上げて実際に生活に必要な金額を割り出すようにしています。生命保険が毎月2万円,学資保険が毎月4万円という具合です。そうすると,少なくとも年間所得が400万円ぐらいないととうてい生活できないというような感じで立証を進めています。
 
 
 
■交通事故を専門に、日常事件を取り上げます。交通事故は専門領域になります。
■当事務所は、5人の弁護士が、みなさまの立場に立った、親切、ていねいな法律相談をいたします。
■初回の相談料は無料。お気軽に事件の見通し、事件処理にかかる費用などお尋ねください。
■愛知、三重、岐阜、静岡のみなさまもお気軽に御相談下さい。