名古屋E&J法律事務所ブログ

2019.04.02 火曜日

交通事故 自転車事故の難しいところ

例えば,交差点事故で自転車側がけがをしてしまった場合,歩行者ならば過失相殺は問題にならない事例でも自転車であると過失相殺が問題になってしまう事例があります。


 また,自転車と自動車との事故で,軽微で物損事故という場合それぞれ過失が問題になります。
 自転車:自動車=5:5
 という場合,自転車の損害がせいぜい2万円程度,自動車は部品の取り替えなどがあるため60万円ということになると,自転車側は30万円を支払い,自動車側は1万円を支払うことになります。

 自転車の場合,歩行者と同じように考えてしまい,常に被害者という意識が働きがちですが,事情は違います。このあたりはきちんと弁護士と相談しておかないと,相手が悪いとばかり決めて付けて交渉を難しくするとかえって損をする場合があります。
 
 
 ウェブサイトはこちら  → http://www.green-justice.com/jiko/jiko3.html
 お問い合わせはこちら → http://nagoya-jiko.net/contact.html

古屋駅徒歩1分名古屋E&J法律事務所、弁護士、籠橋のブログです。
豊橋駅徒歩5分、豊橋法律事務所もあります。
■交通事故を専門に、日常事件を取り上げます。交通事故は専門領域になります。
■当事務所は、4人の弁護士が、みなさまの立場に立った、親切、ていねいな法律相談をいたします。
■初回の相談料は無料。お気軽に事件の見通し、事件処理にかかる費用などお尋ねください。
■愛知、三重、岐阜、静岡のみなさまもお気軽に御相談下さい。